HP ProLiant ML115 G5(以下ML115と略)という格安サーバー機にWindowsXP Home Edition SP3をインストールしてみました。

WindowsXPは正式なサポートOSではないので注意して下さい。ですが有志の方々が豊富な情報を残していってくれているので、導入はとても楽でした。

以下のサイトが有志の方々が作って下さった解説サイトです。

私が結果的にインストールしたドライバは以下の通りです。

WindowsXPのインストールはインストーラーがクラッシュする事もなく、普通に行えました。

チップセットドライバとVGAドライバは実行形式でウィザード形式の親切なインストーラーが用意されていますので、これもすんなりインストールできました。

ネットワークドライバは、ML115公式のWindows Server 2003用のドライバでは”対応OSではない”と弾かれ、インストールできませんでした。有志の方々のサイトには、インストーラーを一端解凍し、手動でインストール等という事が書かれていましたが、私はBroadcommのドライバを使用する事にしました。

Broadcommのドライバにはインストーラーが準備されていないので、デバイスマネージャからインストールする必要があります。インストールは以下の手順でする事が出来ます。

  1. ダウンロードしたドライバを適当なディレクトリに展開します。
  2. デバイスマネージャを起動します。(“マイコンピュータを右クリック→プロパティ”でシステムのプロパティウィンドウを起動、そしてハードウェアのタブをクリックすればデバイスマネージャの起動ボタンが見つかると思います。)
  3. “ネットワーク アダプタ”のツリーの下位アイテムをダブルクリックします。
  4. “ドライバ”タブをクリックします。
  5. “ドライバの更新”をクリックします。
  6. “ハードウェア更新ウィザード”というものが出てくると思いますので、”いいえ、今回は接続しません”を選択し、次に進みます。
  7. “一覧または特定の場所からインストールする”を選択し、次に進みます。
  8. “次の場所で最適なドライバを検索する”を選択し、”次の場所を含める”のチェックボックスを有効にします。
  9. “次の場所を含める”の部分に、ドライバを展開したディレクトリを選択します。
  10. 後はウィザードに従っていけばインストールは完了します。

ML115にはオーディオ機能がありませんので、オーディオを使用したい場合はUSBオーディオを使用するか、サウンドカードを増設する必要があります。

サーバー機なのでやはりVGAは貧弱でした。17インチモニタの場合は、1024×768解像度の場合は32bit表示できましたが、1280×1024解像度の場合は、24bit表示が限界でした。

ウィンドウ移動時にウィンドウ内部を表示する設定にしている場合、ウィンドウを移動させた時は少々もっさりした印象を受けました。1024×768解像度の場合はそこまでもっさりはしていなかった感じです。1280×1024解像度で動画を全画面表示で再生しても、スムーズに描写されないみたいです。

ML115には、PCI Express x16スロットが有りますのでビデオカードを増設可能です。GPU性能を要求するアプリケーションを使用しない場合でも、デスクトップPCとして使用する場合はビデオカードを増設したほうが良さそうです。ただビデオカード増設時は解説サイトに書いてあるように、パーツの緩衝には注意したほうがよさそうです。

リアケースファンの爆音具合には正直驚きました………。CPUファンはそれほど爆音では無かった印象です。情報サイト通りに、”OWL-FY0925L”に換装しました。”OWL-FY0925L”は3ピンタイプのファンなので、4ピンタイプのML115のM/Bに装着するにはコネクタの加工が必要です。

以下はHP-ProLiant-ML115 G5まとめwikiからの引用です。

引用元 : HP-ProLiant-ML115 G5まとめwiki – FAN

リアケースファン

(9cm 4ピン PWM)Delta AFC0912DF 92x92x32mm/2000~5200rpm/1.43A

  • 起動時にファンが毎度爆音状態になる(解決策無し?)
  • 起動後も爆音状態が続くのは、PCの温度が高いため。
  • エアコンやPCに直接扇風機で風を送ったりすれば爆音状態から解放される。
  • 鎌風の風PWMに換装するもエラーを検知し起動途中で強制終了する。(PWMの仕様の問題らしい、4pin(橙色)を抜けば起動可能)
  • PWMにこだわらなければ、3pinタイプに換装が可能(低回転可!ただしチップの冷却を一緒に考えた方がいい)。
  • 3pinファンに交換した場合、1000rpm未満になった途端、警告も出ずに強制的に電源が切れる。また、起動時に1000rpm未満の場合、ファンの警告が出て強制的に15秒後に電源が切れる(一般的に、ファンの回転数は±10%の誤差がでるようなので、1200rpm以上のファンを使うのが無難な様子)。
  • マザーボード側のコネクタは特殊4ピンなので、通常の3ピンコネクタを接続するには3ピンコネクタの出っ張りをニッパー等で削ればいい。
  • RDL9025B[L]1600rpmでは起動できなかった。ある回転数以上でないといけない?
  • オウルテックのOWL-FY0925Lに換装成功、超静かになりました。

関連サイト

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ