デスクトップをライブ配信ソフトで撮影し、ライブ配信サイトとローカルの動きにどの程度タイムラグがあるかを検証します。

撮影環境

PC
種別 ハードウェア スペック
M/B Intel H87 (LGA1150)
CPU Intel Core i7-4770 (Haswell) 3.4-3.9GHz, 4core, 8thread
GPU NVIDIA GeForce GTX 560 Ti GDDR5, 1GB
RAM DDR3-1600(PC3-12800) 16GB(8GBx2) 11-11-11-28
Storage-1(SSD) Intel SSDSC2BW240A4 Intel SSD 530, 240GB, SATA6.0Gb/s, 2.5in
Storage-2(HDD) WD10EZEX-00RKKA0 WD Blue, 1TB, 7200rpm, SATA6.0Gb/s, 3.5in
Audio ONKYO SE-200PCI LTD
Monitor-1 EIZO EV2436W-FS 1920×1200(WUXGA), 60Hz, 24.1in, IPS
Monitor-2 EIZO S1701-ST 1280×1024(SXGA), 60Hz, 17in, TN
OS Windows 7 Professional x64
回線
項目
回線種別 FTTH 1Gbps
実測値(Studio Radish) Up 547.5Mbps(測定品質87.7)
Down 142.4Mbps(測定品質88.4)
実測値(Speedtest.net) Up 73.51Mbps
Down 394.97Mbps
Ping 22ms

撮影設定

撮影ソフト
Open Broadcaster Software v0.622b – 64bit
設定
項目 SS
一般 [設定画面:一般]
エンコード [設定画面:エンコード]
放送設定 [設定画面:放送設定]
ビデオ [設定画面:ビデオ]
サウンド [設定画面:サウンド]
詳細設定 [設定画面:詳細設定]
マイクノイズゲート [設定画面:マイクノイズゲート]

タイムラグ計測

ストップウォッチをライブ配信し、ローカルの秒と配信されている秒の差を求めました。

タイムラグは回線状況やPCの状況等で違いが出てきますので、以下の数値は参考程度に留めておいて下さい。

配信サイト ラグ(秒) SS 検証日
Ustream 15.268 sec [ラグ:Ustream] 2014-05-03
Twitch (Server: US West) 15.126 sec [ラグ:Twitch] 2014-08-17
YouTube Live 42.727 sec [ラグ:YouTube Live] 2014-05-03
ニコニコ生放送 4.007 sec [ラグ:Nicovideo] 2014-08-17
CaveTube 2.457 sec [ラグ:CaveTube] 2014-05-03

※ ニコニコ生放送での放映は有料会員のみ可能。

リンク

2 Comments »

  1. 私はブログしばしばおよびI 真剣 あなたのためにあなたに感謝 。 この素晴らしい記事 は本当にいる私の興味をピークに達しました。かつて| の詳細については 週に一度。あなたの|私はのためにオプトインする購読 フィード すぎます。

  2. あなた実際プレゼンテーションしかし あなたと一緒に | | 本当に簡単そう簡単それは見えるようです作るI 見つけるこのトピック 何か 私がかもしれない 決して理解しています。 と 非常に 広範な私のために。公開| |提出| その後の次の 、私がしますぶら下げる|しがみつく|把握|ホールド|} 私は {しようとするでしょう!

コメントをどうぞ