記事に戻る

サンプル02

元画像

[元画像]

ディザ無し

OPTPiX webDesigner 3.33.01

設定
減色後の色数: 256色; 画像の種類: アニメ調CG(ディザなし); 優先度: 画質優先;

[減色結果]

xPadie 39.0

設定
パレット作成: 8 ビット (256色); ディザ方法-モード: (なし);

[減色結果]

Yukari 0.998

設定
パレットソース: 以下で設定する; パレット: 8bits(256); ディザ-ディザモード: (なし);

[減色結果]

Color Vector Quantization 1.1

設定
デフォルト

[減色結果]

GIMP 2.4.6

設定
カラーマップ: 最適パレットを生成(最大色数:256); ディザリング-色ディザリング: なし;

[減色結果]

PhotoFiltre 6.3.1

設定
最適化パレット: 256色; ディザリング: 無効;

[減色結果]

Paint.NET 3.35

設定
ビットの深さ: 8 ビット; ディザリング レベル: 0; 透明度のしきい値: 128;

[減色結果]

ディザ有り

OPTPiX webDesigner 3.33.01

設定
減色後の色数: 256色; 画像の種類: アニメ調CG(ディザあり); 優先度: 画質優先;

[減色結果]

xPadie 39.0

設定
パレット作成: 8 ビット (256色); ディザ方法-モード: gPeanos;

[減色結果]

Yukari 0.998

設定
パレットソース: 以下で設定する; パレット: 8bits(256); ディザ-ディザモード: gPeanos;

[減色結果]

GIMP 2.4.6

設定
カラーマップ: 最適パレットを生成(最大色数:256); ディザリング-色ディザリング: Floyd-Steinberg ディザリング (通常);

[減色結果]

PhotoFiltre 6.3.1

設定
最適化パレット: 256色; ディザリング: 有効;

[減色結果]

Paint.NET 3.35

設定
ビットの深さ: 8 ビット; ディザリング レベル: 7; 透明度のしきい値: 128;

[減色結果]